« 「グッバイ、レーニン!」 | トップページ | 「マグノリア」 »

「キング・アーサー」

アーサー役の人って、宇梶剛士に似てませんか?

ボロボロ泣いてしまいました。
自由の為とか民の為とか、普通じゃあり得ないくらいでっかい目的の為に命をかけるという設定に私はものすごく弱いのです。 壮大な音楽をバックに、広い草原を7人の騎士が駆け抜けているだけで、感動してしまいました。

でも、心に残る映画というわけではありません。 明日には忘れていると思います。 正義の味方という設定がツボなだけで、この映画が特別いい作品だとは思いません。

例えると、甘いのが大好き。でも、ケーキじゃなくてもいい。 大福でもいい。甘いものならなんでもいいという感じ。

なので、特別ここがスゴイというようなものはありません。 演技がいいとか、セリフがいいとかありません。 正義のヒーローが好きな人は楽しめます。

キング・アーサー ディレクターズ・カット版 キング・アーサー ディレクターズ・カット版

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「グッバイ、レーニン!」 | トップページ | 「マグノリア」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34813/488489

この記事へのトラックバック一覧です: 「キング・アーサー」:

« 「グッバイ、レーニン!」 | トップページ | 「マグノリア」 »