« 「レセ・パセ“自由への通行許可証”」 | トップページ | 「海猿」 »

「ノー・マンズ・ランド」

最近、戦争映画ばかり見てる気がする。戦争自体は大嫌いなんですけどね。

《あらすじ》
ボスニアとセルビアの中間地帯に閉じ込められてしまったボスニア兵士チキとセルビア兵士ニノ。死体と勘違いされて、体の下に地雷を仕掛けられてしまったボスニア兵士ツェラ。前代未聞の事態に3人を救出に向かう国連防護軍。戦争の無意味さをユーモアを交えながら描く。

所謂、ボスニア紛争を素材とした映画なわけですが、ここまで自然に“戦争の無意味さ”を伝える映画って見たこと無い。究極の反戦映画と言えるのかもしれない。

ボスニア紛争ってご近所戦争とも言えると思うのです。ボスニアもセルビアもユーゴスラビアという一つの国の中に存在した共和国なわけで、特にボスニアにおいては多様な民族が混在していたわけですから、戦争が起こって銃を向けてみたらお隣に住んでた人だったなんてこともあったかもしれません。

チキとニノに共通の知人がいたことでも、とても近い存在の人間同士が戦争をしているということが分かると思います。そんな彼らが殺しあうのはボスニアの独立を巡ってという理由だけとは思えません。彼らも映画の中で言っていました。

「俺の村を焼いたのは誰だ!」

人が死ねば死ぬほど、相手への恨みは当然のように募っていくわけで、チキとニノの間に心が通じ合うような瞬間があっても、結局分かり合えなかったのは、それまでの悲しみが大きかったからだと思います。戦争をするとたくさんの死人が出ます。大切な人を亡くした悲しみが、本来の目的とは違う所にまた火種を作ってしまう。悪循環です。

戦争の理由を作る戦争って、何の意味もないですよね。ただ人々を不幸にするだけです。中間地帯に残された3人、無力な国連防護軍、目の前の特ダネしか頭に無いマスコミ。彼らの様子を見ているだけでも、いかに戦争が馬鹿げた事なのかを感じさせられます。戦争の悲惨さを前面に出すのではなく、ユーモアを取り入れて戦争の愚かさを表現するなんて、スゴイと思いました。ある意味、強烈です。

ノー・マンズ・ランド ノー・マンズ・ランド

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2002/12/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「レセ・パセ“自由への通行許可証”」 | トップページ | 「海猿」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34813/511973

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノー・マンズ・ランド」:

« 「レセ・パセ“自由への通行許可証”」 | トップページ | 「海猿」 »