« 「ガンジー」 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »

「サイドウェイ」

お酒を呑みながらボーっと見ていた私が悪いのか?全然面白くなかった。話がというよりも登場人物がどうしても好きになれない。苛々してしまいました。

《あらすじ》
作家志望の国語教師マイルスは離婚のショックから2年たっても立ち直れずにいた。やっと書き上げた小説も出版できるのか?できないのか?望みが薄い中での返答待ち。そんな冴えない彼にも一つだけ取り柄があった。ワインに対する愛情と知識だけは誰にも負けないくらいのワインオタクだった。そんな彼が大学時代の友人でマイルスとは正反対の社交的な性格の持ち主ジャックとワインツアーに出ることになった。ジャックは一週間後に結婚を控えており、ジャックの結婚とマイルスの小説完成を祝う二人旅が始まった・・・。

作られたお話なんだと思うけど、自分のすぐ側で起こっていることのような生々しさというかリアルな感じがしました。だからこそ私はこの登場人物達に苛々したのかもしれません。疲れたら休んでみるとか行き詰ったら寄り道してみるとか、そういうことは普通のことだと思うし、だから何なの?って思ってしまうのです。(あんな素敵な寄り道が出来ることが普通だとは思ってませんけど・・・)

マイルスが悩んでいる姿にしても、ジャックが好き勝手しながらやっぱり婚約者が一番大事と思ってる様子にしても、映画にするほどのことなのだろうか?と思ってしまったのです。
『朝起きてご飯を食べて、会社に行って帰宅してお風呂に入って寝ました。』とか言われても“だから?”とか思ってしまうのと同じです。そんな風にしか感じられなかったのは、やっぱり酔ってたせいなのか?

良くも悪くも自分を見つめなおすという意味では「アメリカン・ビューティー」の方が何倍も伝わってくるものがあったと思います。私がこの映画をつまらないと思った最大の原因はマイルスにもジャックにも人間的な面白さをちっとも感じなかったということでしょう。つまらないオジサン達です。面白すぎるおじさん達を他の映画で見すぎたのかな?(別に冴えないから魅力的ではないというわけではなくて)それとも、私が酔っててちゃんと見ていなかったということなのか?でも、もう一度見てみる気にもなれないなぁ・・・。

サイドウェイ〈特別編〉 サイドウェイ〈特別編〉

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/01/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「ガンジー」 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34813/608660

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイドウェイ」:

« 「ガンジー」 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »