« 「刑務所の中」 | トップページ | 「シャイニング」 »

「ターミナル」

たくまし過ぎるぞ、ナボルスキー!

《あらすじ》
東ヨーロッパのクラコウジアという国からニューヨークのJFK国際空港に降り立ったナボルスキー。だがその時、彼の祖国クラコウジアでクーデターが起こり国が消滅。パスポートが無効になってしまったナボルスキーはアメリカに入国することも出来ず、祖国へ帰ることも出来ない。ある約束を果たすためにアメリカにやって来たナボルスキーはこの時からターミナルでひたすら待ち続ける生活を始める。

素直にほのぼの出来るいい映画です。 私の中では、この映画「ターミナル」とドラえもんと水戸黄門は同列です。 けなしているのではありません。褒めてます。

展開の予想できる単純なストーリーがくだらない映画だと決め付けることはよくないと思っています。展開が分かっていても、ラストに向けて見ている人間の感情を動かすことが出来れば、それは良い作品です。 ちなみに、私はドラえもんの映画を見るとウルウルしてしまうし、水戸黄門でお決まりの印籠を出す場面を見るとスカッとします。単純な私です。

ナボルスキーを応援しながら、ほのぼのしましょう。

ターミナル DTSスペシャル・エディション ターミナル DTSスペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「刑務所の中」 | トップページ | 「シャイニング」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34813/607799

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターミナル」:

« 「刑務所の中」 | トップページ | 「シャイニング」 »