« 「コーラス」 | トップページ | 「大統領の理髪師」 »

「アンナとロッテ」

双子ってもともとは一つだったのかな?周りの環境は全く違ったけど、一人の人間が同時に二つの生き方をしているように見えました。

《あらすじ》
両親を亡くした双子のアンナとロッテは別々の家へ引き取られることになった。アンナは貧しい農家へ、ロッテはオランダの裕福な家庭へ。お互いを思い続ける二人だったが、それぞれの里親の思惑により、二人は連絡をとることさえ出来ずに成長する。ある日、ロッテは出した筈のアンナへの手紙が本棚の奥に隠されていたのを発見する。義理の両親を問い詰め、真実を知ったロッテはアンナに会いに行くことを決意した。久しぶりの再会に喜びあう二人だったが、時代は第二次世界大戦へと突入。ユダヤ人の婚約者をもつロッテとドイツで育ってきたアンナ。戦争により二人の絆は除々に引き裂かれていく。

全く違う場所で育った双子が、再会してみたら全く同じような生活をしていたっていうのなら“アンビリバボー”で見たことがあるのですが、この映画の場合は全く逆の環境で生きていく双子の話。どちらも驚きです。やはり、双子には何か不思議な力があるのでしょうか?

物語の序盤ではアンナが可哀そうでしかたがありませんでした。だって、同じ腹から生まれた二人なのに、アンナは学校も行かせてもらえずこき使われて、ロッテは清潔な服を着て大事に大事に育てられていて・・・・・。無理やりにでもロッテの養父がアンナを引き取りに行けばいいのに・・・なんて考えていたんです。でも、大人になって、戦争が始まり、それぞれに想う人が出来てからはどっちが恵まれているとも言えなくなってしまった。

ロッテの婚約者はユダヤ人で強制収容所で死んでしまうし、アンナの夫は親衛隊の将校でアメリカの爆撃にあって死んでしまうし。それぞれ真逆の立場に居ても、二人とも不幸なことには変わりありません。結局の所、周りの環境が真逆なだけで、二人は似たような悲しみを背負って生きてきたのかもしれませんね。

二人を見ていて思ったこと。それは戦争そのものを恨んでも、その敵国の国民まで恨むのは間違いだということ。悪い人もいるだろうし、責任をとるべき人物もいると思う。でも、大半の国民は時代に翻弄されていただけで、ドイツ人だからみんなが悪いとは言えないと思った。大切な人を亡くすということに、ドイツ人もユダヤ人もない。どこの国の人だろうが自分の大切な人が死んでしまったら、とても悲しい。普通、戦争映画ではどちらか一方の立場から物語が進められていく場合が多いけど、この映画は双方の立場で生きる二人を見ることが出来たので、戦争そのものを公平な立場で考えることができ、その点とてもフェアな作品だと思いました。

ロッテがアンナに辛さを全てぶつけてしまったのは、やはり一番自分に近い人間だからなんだろう。私はあなた、あなたは私ということなんだろうか?

アンナとロッテ アンナとロッテ

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

~Link~

アンナとロッテ@映画生活

|

« 「コーラス」 | トップページ | 「大統領の理髪師」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34813/781045

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンナとロッテ」:

» 映画『アンナとロッテ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:De Tweeling オランダ人女流作家テッサ・デ・ローのベストセラーの映画化、・・・両親との死別、ナチスの台頭、運命に翻弄される双子の姉妹の哀しい生涯・・・。 物語は1926年ドイツに始まる。アンナとロッテはいつも仲良く一緒に遊ぶ双子の姉妹だったが、両親の死に... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 13時15分

« 「コーラス」 | トップページ | 「大統領の理髪師」 »